コラム

オルタナティブデータに関する様々な情報をご紹介

オルタナティブデータとは?
WHAT IS ALTERNATIVE DATA?

主に金融領域で伝統的に使われてきた財務情報や経済統計のようなデータ(Traditional Data)に対して、これまで利活用の進んでなかったデータのことをオルタナティブデータ(Alternative Data)と呼びます。

データの類型とユーザーから見た強み、弱み
THE PROS AND CONS OF DIFFERENT DATA TYPES

オルタナティブデータ(Alternative Data)とは、主に金融領域で、財務情報や経済統計のように、伝統的に使われてきたデータ(Traditional Data)に対して、POSデータやクレジットカードデータ、位置情報、衛星画像など、これまで利活用されてこなかった代替的なデータのことを指します。

オルタナティブデータビジネスのデータホルダーから見た位置付け
HOW TO CREATE ALTERNATIVE DATA BUSINESS?

金融領域を中心に経済分析のあり方を変えているオルタナティブデータですが、データ提供元となる「データホルダー」(例:POSデータホルダー、衛星写真などを有する事業者)にとって、オルタナティブデータビジネスとはどういった位置付けになるのでしょうか。

オルタナティブデータ活用事例
USE CASES OF ALTERNATIVE DATA

この記事では、様々なオルタナティブデータがどのように投資家やエコノミストに活用されているのか、ここでは以下のタイプのオルタナティブデータの国内外の活用事例を海外のオルタナティブデータベンダーのレポートや国内メディアの記事などを引用しつつ、ご紹介します。

貴社の課題に応じて柔軟に対応いたします

詳しい事業内容や実績をまとめた
PDF資料をダウンロードいただけます
資料ダウンロード
お見積り依頼、ご相談は以下の
フォームからお問い合わせください
お問い合わせ

グループ会社