2022.06.27
プレスリリース

ナウキャスト、位置情報データと企業のマーケティングデータを組み合わせた商圏分析でGYRO HOLDINGSの新規出店判断を支援

次世代金融インフラの提供を通して組込型金融を実現するFinatextグループの株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:辻中 仁士、以下「当社」)は、位置情報データと企業のマーケティングデータを組み合わせた商圏分析で、GYRO HOLDINGS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:根本 寿一、以下「GYRO」)の子会社が運営する美容室の新規出店エリアの意思決定を支援しました。

商圏内の様々なデータを用いて市場環境や地域特性を把握し、新規出店の収益予測などを行う商圏分析において、人口統計や地理統計、顧客データに加え、位置情報データの活用が広がっています。
当社は、クレジットカードの決済データやPOSデータ、位置情報データといったオルタナティブデータの分析・活用に強みを持ち、主に国内外の機関投資家向けにサービスを提供してきました。性質の異なる複数のデータを組み合わせた分析を得意とし、現在、事業会社のマーケティングをサポートするビジネスにも事業領域を拡大しています。
グループ内で90ブランド、400店舗以上のレストランやカフェなどを運営するGYROは、これまで新規出店候補地の選択を現場経験者の勘と経験に委ねており、定量的なデータを用いた出店判断ができていないことが課題となっていました。また、自社で収集した顧客データや出店エリアに関する調査データといったマーケティングデータは保有していたものの、十分に活用できていないという課題もありました。
そこで当社は、GYRO傘下の株式会社イーグラント・コーポレーションが運営する美容室「Anphi」の新規出店にあたり、GYROがすでに有している様々なマーケティングデータをKDDI Location Analyzerの位置情報データで補完し、商圏を構成する様々な要素のうち月商により多く寄与する要素が何かを分析しました。さらに、既存店舗と出店候補地の要素を比較することで、出店候補地としての適性判断を支援しました。当社の分析結果を受け、GYROは美容室Anphi鶴間駅前店を7月1日に開店します。
当社は今後、様々なオルタナティブデータを組み合わせて、GYROが展開する飲食店やその他の業態についても出店判断をサポートしていきます。

■分析概要


◯目的
・既存5店舗と比較して、新規出店候補地のポテンシャルを計測

◯分析アプローチ
・商圏を構成する様々な要素のうち、月商により多く寄与する要素を判別。
・既存5店舗と出店候補地の各種要素を比較し、出店成功の可能性を計測。

◯分析データ
・KDDI Location Analyzer(1日あたりの男女別平均滞在人口、女性比率、居住者率など)
・既存5店舗のマーケティングデータ(客単価、来客数、売上、月商、店舗設備など)

◯結果
・新規出店候補地は既存5店舗より高評価の要素が多く、出店に適していると推測された。

■分析イメージ




■参考情報

◯KDDI Location Analyzer
株式会社KDDIが提供する、auスマートフォン契約者から同意を得た位置情報を拡大推計したデータを用いたセルフデータ分析ツール。性別、年齢、居住地や勤務地など、様々な分析が可能です。他社の一歩先を行くエリアマーケティングの実現を支援します。
https://k-locationanalyzer.com/


【 GYRO HOLDINGS株式会社 】
GYROは、2006年に「食で未来をつくる」を企業理念として設立された飲食企業です。持株会社であるGYRO HOLDINGSの傘下に事業会社である株式会社subLime、株式会社パートナーズダイニング、株式会社ティーケーエス、株式会社牛の達人、株式会社イーグラント・コーポレーション等を有しております。主に居酒屋業態を中心に展開しており、カフェ、洋風レストラン、ビアガーデン、和風レストラン、高級レストランなどを中心に90ブランド以上のレストランを展開しております。

会社名:GYRO HOLDINGS株式会社
代表者:代表取締役 根本 寿一
設立 :2019年11月
所在地:東京都新宿区西新宿7-22-43 新宿JECビル4F
URL :https://gyro.holdings/

貴社の課題に応じて柔軟に対応いたします

詳しい事業内容や実績をまとめた
PDF資料をダウンロードいただけます
資料ダウンロード
icon
お見積り依頼、ご相談は以下の
フォームからお問い合わせください
お問い合わせ
icon

グループ会社