2021.04.19
プレスリリース

緊急事態宣言が解除された2021年3月の国内消費動向指数、「旅行」「宿泊」「娯楽」「交通」といった外出型消費が回復

~2021年3月の国内消費指数「JCB消費NOW」ハイライト~

株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)と株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:辻中 仁士、以下:ナウキャスト)は、「JCB消費NOW」(※)の2021年3月(3月1日~3月31日)の速報値を更新しました。
※プライバシーを保護した形で加工したJCBカードの取引データを活用し、現金も含むすべての消費動向を捉えた国内消費指数。

2021年3月 参考系列(注)ハイライト (調査:ナウキャスト)

 

●総合指数

  • 消費全体を示す「全総合」は前々年同期比で-7.4%となり、前月より3.1ポイント改善。サービス消費が1月を底として回復基調にあり、消費全体を押し上げている。
  • 「サービス総合」は前々年同期比-14.7%と依然としてマイナス圏だが、3月21日の緊急事態宣言解除もあり 外出型消費を中心に回復し、前月より7.6ポイント改善した。
  • 「小売総合」は前々年同期比2.2%で、前月より2.7ポイント悪化したものの、引き続きプラスを維持。

※前年の2020年3月消費は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けているため、今回発表から2年前比のデータを公開しています。


※新規感染者数は、各期間中の日次合計値(全国)
 参照元:厚生労働省・オープンデータ「陽性者数」

●サービス消費 ~「旅行」「宿泊」「外食」「娯楽」「交通」指数 ~

  • 「旅行」は前々年同期比-41.1%と、前月から14.5ポイント改善。「娯楽」は-5.7%で、18.2ポイント改善。
  • 「宿泊」は前々年同期比-32.2%、「交通」は-24.0%で、いずれも前月から10ポイント超の改善。
  • 一方、「外食」は前々年同期比-29.0%で、前月から5.4ポイント改善と、その他の外出型消費と比較して回復ペースが弱い。


●サービス消費 ~「外食」うち「喫茶店・カフェ」「居酒屋」「ファミレス」指数 ~

  • 「居酒屋」が前々年同期比-45.9%で、前月より15.1ポイント回復。2020年末並みの水準に近づく。
  • 一方、「喫茶店・カフェ」は前々年同期比で15.6%、「ファミレス」は-35.8%で、いずれも前月より減少。


●小売消費 ~ 各種商品小売業「百貨店」「スーパー」、飲食料品小売業「コンビニエンスストア」指数 ~

  • 「百貨店」は前々年同期比-19.8%、「コンビニエンスストア」は12.9%で、前月からほぼ横ばい。
  • 「スーパー」は前々年同期比で6.0%と、前月から-6.6ポイント減少。


●サービス消費 ~「EC」「コンテンツ配信」指数 ~

  • 「EC」は前々年同期比で33.0%、「コンテンツ配信」は67.0%で、引き続き伸びている。


●サービス消費 ~「娯楽」うち「遊園地」「映画館」「ゴルフ場」指数 ~

  • 「映画館」が前々年同期比-34.5%で、前月から24.3ポイント回復。
  • 一方、「遊園地」は前々年同期比-68.5%で前月から横ばい、「ゴルフ場」は-6.8%で再びマイナス圏に。


●サービス消費 ~「交通」うち 「航空旅客」「鉄道旅客」指数 ~

  • 「航空旅客」は前々年同期比-29.0%で、前月より20.5ポイント増と大幅に改善。
  • 一方、「鉄道旅客」は-52.3%で前月より9.5ポイント改善したが、「航空旅客」と比較すると回復スピードは緩やか。


「JCB消費NOW」のご活用について

「JCB消費NOW」は、性別・地域・年代といった属性別のデータを備えており、多面的に消費動向を分析することが可能です。
※「JCB 消費 NOW」は、プライバシーを保護した形で加工したJCBカードの取引データを活用してJCB とナウキャストが算出した、現金を含む国内の消費全体を捉えた消費動向指数となります。クレジットカード決済情報そのものではございません。
※ グラフ等引用される際は、「出所:JCB/ナウキャスト『JCB消費NOW』」と必ず記載ください。データを活用される場合は、ナウキャストもしくはJCBにご連絡ください。
※「EC」項目はオンライン消費のみ。「EC」以外の「業種別消費指数」はオフライン消費とオンライン消費どちらも含んでいます。
※「JCB消費NOW」はJCBグループのカード会員様のうち、無作為に抽出した約100万人分の決済データを活用して作成しています。国内会員に絞っているためインバウンド消費を含みません。

「JCB消費NOW」について



「JCB消費NOW」は、プライバシーを保護した形で加工したJCBカードの取引データを活用して、 “現金も含めた国内消費全体の実勢”を捉える消費指数を提供するサービスです。財やサービスの消費動向を示す総合消費指数や総合消費をマクロ・ミクロに分類した業種別消費指数など合計49種の指数を提供しています。性別・地域・年代といった属性別のデータも備えており、多面的に消費動向を分析することが可能です。また、データを集計して約2週間で配信するため政府等が公表する既存の消費統計と比べて速報性が大幅に向上しています。現在、国や地方行政機関をはじめ、企業のマーケティング部門、証券会社・投資銀行等の金融機関、経営コンサルティング会社、報道機関等、多岐にわたるお客様に、経済を捉える指標としてご活用いただいております。

「JCB消費NOW」1か月間無料トライアルはこちら

 https://www.jcbconsumptionnow.com/member/register
 お問い合わせ先:「JCB消費NOW」運営事務局 TEL:03-6272-5550

ご参考:官公庁による「JCB消費NOW」活用事例

経済産業省「産業構造成長戦略部会」基礎資料(2020年5月1日)
首相官邸「未来投資会議資料」(2020年5月14日)
内閣府「地域経済動向」(2020年9月7日)
内閣府「月例経済報告等に関する関係閣僚会議資料」(2020年10月23日)
内閣府「マンスリー・トピックス」(2020年10月23日)
日本銀行「経済・物価情勢の展望」(2020年10月30日)
日本銀行「わが国の経済・物価情勢と金融政策─ 道東地域金融経済懇談会における挨拶要旨 ─」(2020年11月16日

※個人情報保護法および関連法を順守し、クレジットカードのデータはJCBにて特定の個人を識別できない・元の情報に復元できない状態に匿名加工処理を行い、ナウキャストが消費指数(統計)を作成することで、JCBカード会員皆様の個人情報・プライバシーを保護しています。
※「JCB消費NOW」は、クレジットカードの取引等のデータから、現金支出を含めた国内の個人消費全体を分析するため、外れ値処理や新規入会者のバイアス除去、クレジットカードの支払いが多くなりがちな業種の補正処理などの統計化処理を行っています。

「JCB消費NOW」で提供している業種別指数一覧


(注)「JCB消費NOW:参考系列」について
クレジットカードの取引等のデータから“現金も含めた消費全体の実勢”を捉える「JCB消費NOW」では、クレジットカード固有の事象を要因とした数値の偏りを防ぐため、通常、カード利用者数の増減影響を除いた形で分析し、指数を提供しています。しかし、新型コロナの消費への影響は、商業施設や店、テーマパークの休業・休園、旅行の中止などにより、「交通」「娯楽」「宿泊」「旅行」などのレジャー関連業種、サービス業種においては、消費者の数そのものが減少していることが予想されます。そうした側面を考慮し、現在、通常とは違う「消費者の増減効果」を織り込んだ分析手法を用いた「参考系列データ」を全項目(総合、業種別)で算出しております。
※前提としてナウキャスト技術顧問・東京大学大学院経済学研究科教授の渡辺努が、通常配信系列(本系列)と参考系列の違い、及び有用性について、レポートを執筆いたしました。下記リンクよりご覧ください。
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/jcbconsumptionnow.com/News/20200401_Nowcast_Watanabe.pdf

貴社の課題に応じて柔軟に対応いたします

詳しい事業内容や実績をまとめた
PDF資料をダウンロードいただけます
資料ダウンロード
icon
お見積り依頼、ご相談は以下の
フォームからお問い合わせください
お問い合わせ
icon

グループ会社